カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

おしながき

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たのしいうさみみのつくりかた

Category : 工作
普段めったに押されないweb拍手で、うさみみの作り方をブログに載せてほしいとメッセージいただいたので、
こういうの説明が苦手なんで普段めったにやらないんですが私なりに解説してみようと思います(`・ω・´)
(11/6の20時代に拍手押してくれた方ありがとうございました!(*´Д`*))

追記に適当な感じで書いてみまーす(゚ω゚)ノ

※注意※
・あくまで私なりの作り方なので、きっともっと効率の良い作り方があります。
・「ここwwwwなんでこう作ったしwwwww」って思う箇所があると思いますが私なりの(ry
・わりと記憶があいまいな部分があります
・りっか は 絵心 が ありません

・りっか は えごころ が ありません

大切なことなので2回言いました。

・ちなみに画像はクリックするとちょっぴり大きくなります。

というわけでヒマな方はどーぞー


usamimi0.jpg
布は地元の手芸屋さんで値下げされてたものだったので50cmで500円もしなかったかな。幅は120cm前後だったような。
ワイヤーは家にあったもの。綿とカチューシャは100均です。

usamimi8.jpg
ちなみにカチューシャはこんな感じのを使いました。



usamimi1.jpg
布の裏に適当にウサギの耳みたいな形を描きます。
描いたらとりあえず切る。同じものを4枚作ります。
布を半分に折って切ってもいいけど(私はそうした)、もこもこだからものっそいずれました\(^o^)/



usamimi2.jpg
2枚合わせて赤い部分を縫います。それをひっくり返して、もこもこの部分が表になるようにします。



usamimi3.jpg
画像の中で説明書いちゃいましたが、ワイヤーをうさみみっぽい形にして、それを中に突っ込みます。
両端から10cmくらいワイヤーをはみ出させるようにします。



usamimi4.jpg
これまた画像の中に書いちゃいましたが、中のワイヤーをできるだけ外側に押しやる感じにしつつ、内側を縫います。
この作業、ホント注意してやってくださいね・・・



usamimi5.jpg
縫い終わったら、くしで縫った部分をがしがしとかします。
そうしないと縫った部分がつれた感じになっちゃってちょっぴり見栄え悪くなっちゃいます(´-ω-`)



usamimi6.jpg
まだ縫っていない部分から綿を突っ込みます。
綿の量はお好みで。
ちなみに私は触り心地を重視したかったのであんまり入れてません。

綿を入れたら、入れた部分をジグザグ縫いでフタをします。



usamimi7.jpg
出っ張ってるワイヤーとカチューシャを合体させます。
これでできあがりですよー(゚∀゚)


usamimi9.jpg
裏から見たらこんな感じ。いい加減^q^
あんまりぐりんぐりん巻きつけると頭が痛くなったり、装備したときに針金が見えたりするので加減しながらまきつけます。



usamimi10.jpg
装着するときはそのまま頭に装備しても問題はないんですが、
重さで前にずり落ちてくるので、私はウィッグのネット部分の隙間にカチューシャを突っ込んで装備してました。



12110307.jpg
ちなみに実際につけるとこんな感じ。(♀AB@咲玖たん Photo@ニャガ様)
どうしても正面(耳と耳の間)のカチューシャが見えちゃうので、ウィッグをツンツンさせて見えにくくしてみました。




---------------------- キ リ ト リ ----------------------



こんな感じでわりと適当に作ってみました。
不器用な私でもこんな感じに作れるので、これ見た人はぜひ作ってみてください(゚∀゚)ノかんたんよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。